エコ洗剤 業務用 洗剤の販売ならFCC衛生用品.com


HOME > 店長ブログ

店長ブログ

油断は禁物!潜む蚊に注意

2018-08-22 [ 豆知識 ]


厳しい暑さが続いていますね。
猛暑日という言葉にも、次第に慣れてしまいます。

ただでさえ寝苦しい熱帯夜に加えて、耳元でしつこく飛び回る蚊の鳴く音を聞くと、本当に嫌になってしまいます。しかし今年の夏の暑さには、さすがの蚊でもすこし様子が違ってきているようです。

■35度を超えると蚊が活動しなくなる?

毎年夏になると蚊の活動は活発になるため、暑ければ暑いほど繁殖も盛んになり元気に飛び回る印象があります。
しかし気温・湿度と、蚊の飛翔行動との関係を調査したところ、蚊にとって活動しやすい気象条件があるらしい、ということがわかったそうです。

気温については諸説あるため一概にはいえないですが、活発に活動するのは『26~32℃』程度。
35℃を超えると蚊が活動しなくなるために、虫刺されの被害が出にくくなるということです。
今年は春先から例年より暑い日が続いたため、比較的蚊の活動が活発な年でしたが、今夏の猛暑をうけて蚊も活動しにくくなっているようですね。

■油断は禁物!潜む蚊に注意

猛暑が続く限り蚊に刺される心配が無くなりそうですが、喜ぶのはまだ早いかもしれません。
蚊は元来の性質として、獲物を探して飛び回っているわけではありません。
風の影響を受けやすいということもありますが、じっと茂みなどに潜んで獲物を待ち、体温や二酸化炭素、においなどを感知して吸血をおこないます。

あのやっかいな蚊の虫刺されは、夏の風物詩といってもよいくらいですが、彼らは夏の暑い日中は涼しい場所をもとめてじっと潜んでいるのです。
そして比較的涼しい朝と夕方になると動きが活発になるのですね。

どれだけ猛暑であっても、蚊を見ないといって安心しない方がよいかもしれません。
特に小さなお子さんや新生児は、成人に比べると蚊に刺されやすいそうです。
防虫ケアを万全にして過ごしたいですね。


―いかがでしたでしょうか。
猛暑に弱い蚊も、空調の利いた室内では再び精力的に飛び回るのは間違いありません。
鉢植えの受け皿などに水が溜まっている場合、蚊が繁殖する原因になります。
こまめに水を捨てるよう心がけましょう。


【今週のおすすめ商品】

★飛来昆虫捕獲器 FCC®ムシポン ポケット2★

コバエなどの飛来昆虫にお困りではないですか?
こちらの商品、インテリアタイプの飛来昆虫捕獲器ですので、
お客様の目に触れる客席や店内などでご利用頂けます。
法的規制を受けない仕様となっておりますので、様々な場所に設置可能です。

詳しくは商品ページでどうぞ!!

猛暑とゴキブリ

2018-08-08 [ 豆知識 ]


今年の夏は、まさしく猛暑ですね。
40℃を超える地域もあり、命に関わる可能性のある暑さという言葉もよく耳にします。
これから秋口まで、暑さ対策を十分に行って過ごしていきたいですね。

■ゴキブリは熱帯性

ゴキブリは熱帯性の生き物で、世界中に約3000から4000種類ほど生息すると
言われています。一般的には、18~32℃程度がゴキブリにとっての適温となります。
25℃を上回ると繁殖活動が活発となり、30℃以上ともなると盛んに飛び回るようになります。

今年の夏に関しては、熱帯化しているともいえますので、ゴキブリにとっては以前よりも活動しやすい環境になりつつあるのかもしれませんね。

■猛暑では、ゴキブリも熱中症に

熱帯性で暖かく湿度の高い環境を好むゴキブリですが、実は彼らにも弱点がないわけではありません。人間と同じように、ゴキブリも熱中症にかかるのです。

ゴキブリは35℃以上で高温障害が見られるようになります。さらに40℃を超えると、致死状態になるのです。類まれな繁殖力と生命力で3億年以上生きているゴキブリといえども、猛暑には弱いのです。

最近の35~40℃の気温の下では、さすがのゴキブリも炎天下では過ごしにくいために、空調のきいた涼しい室内に集まってくる可能性が高まります。元々ゴキブリの繁殖力が高まる夏場ですが、今年のように猛暑の場合には、より対策を考える必要があるかも知れません


―いかがでしたでしょうか。
猛暑でも冷夏でも、ゴキは適応力の高い生き物ですので、油断は禁物です。
屋内の衛生状況には十分気を配るようにいたしましょう。


★今週のおすすめ商品★

今週は、FCC®オイルクリーンについてご紹介致します♪
ゴキブリは油汚れが大好きなのをご存知でしょうか。
FCC®オイルクリーンは油そのものを乳化させ、包み込む事で油そのものの性質を消失させます。

中性洗剤ですが油汚れを落とす事に非常に特化している為、しつこい油汚れ全般に効果的な商品となっております。

是非、FCC®オイルクリーンをご利用くださいませ!

洗濯物の油汚れ対策

2018-07-25 [ 豆知識 ]


夏真っ盛りで、日差しの強い日が続いていますね。
暑い最中でも、外仕事をされている方、お休みの日に行楽に出かけられる方も
多くいらっしゃるかと思います。事前の水分補給ミネラル補給を心掛けましょう。

暑い時は発汗も多く、それに伴って洋服の油汚れが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、機械油などのついた作業着などは、どうしても汚れが落としづらいものです。

しかし頑固な油汚れでも、熱湯での漬け置き・予洗いで十分に対応することが可能です。
少し手間はかかってしまいますが、最大限汚れを落とす方法をご紹介いたします。

■熱湯での漬け置き・下洗い

まず最初に、60~70℃前後のお湯を用意しましょう。
漬け置き・下洗いの手順は以下の通りです。

①バケツに熱湯を注ぎ、その中に洗剤を溶かします。
②衣類を2時間ほど漬けます。
→軽くすすぎを行い、すぐに洗濯を行います。

熱湯により、油汚れが動きやすくなっていますので
上記①~②でもかなり汚れが落ちていきます。
汚れがひどい場合は、お洗濯の前に下記の工程を追加して
行いましょう。

③固形の洗濯石鹸をよく泡だて、ブラシを使って洗う。
→軽くすすぎを行い、間を置かず洗濯を行います。


―いかがでしたでしょうか。
清潔な洗濯物に袖を通すと、気持ちが良いものですよね。
ギトギトした油汚れや特有の臭いなどを綺麗に落として、暑い夏をすっきり乗り切りましょう。


★今週のおすすめ商品★

今週は、FCCオリジナルの洗濯用洗剤についてご紹介致します♪
こちらの洗剤なら、頑固な油汚れでもしっかり対応することができます。

今週ご紹介するのは「FCC®ピュアマイルド」!

こちらの洗剤は、汚れを落とす成分が自然植物成分100%から出来ている液体石けんになります。
100%植物性ですので、赤ちゃんやお肌の弱い方の衣類にも安心!
是非、ご利用くださいませ!

紫外線と疲労の関係

2018-07-11 [ 豆知識 ]


いよいよ本格的に夏のシーズンの到来ですね。
紫外線が気になる季節となりました。

長い期間紫外線を浴びると、シミやシワが増えやすくなり肌の衰えや老化の原因となってしまいます。これまで紫外線対策といえば、日焼け防止を行なうことで美容的観点から美しく白い肌を保つということが重要視されてきたのではないでしょうか。

■紫外線と疲労の関係

ところが紫外線は肌の老化をもたらすだけではなく、疲労の原因となることがわかってきました。

肌に紫外線を浴びると、活性酸素が大量に発生します。その情報が脳の自律神経に伝えられると、脳はメラニン色素を作らせて紫外線から身を守ろうとします。肌が焼けてしまうのはメラニン色素が原因ですが、このとき発生した活性酸素が疲労の原因となってしまうのです。

■見逃せない、目から入る紫外線

紫外線の影響を受けるのは、肌だけではありません。目から入った紫外線が全身の日焼けに影響してしまうことをご存知でしたでしょうか。

紫外線が目に入ると、その大半は角膜で吸収されます。肌が紫外線を受けた時と同様に、角膜では活性酸素が大量に発生し、その情報が脳の自律神経に伝えられます。
しかし、目に紫外線が入った場合には、外に露出していない部分の肌までメラニン色素がつくられてしまい、全身の日焼けに影響してしまうのです。

サングラスを着用することで、日差しのまぶしさを軽減することが出来るだけではなく、全身の日焼けや疲労感も軽減することが出来るのです。

―いかがでしたでしょうか。
夏は暑さによる疲労も溜まりがちですが、十分に紫外線対策を行なうことで疲労感を軽減することが出来ます。夏バテすることなく、健やかに季節を乗り切りたいものですね。


★今週のおすすめ商品★

夏のシーズンは、屋外で過ごす機会も多くなりそうですね。
楽しく過ごした後は、しっかりお洗濯もおこないましょう!

今週は、FCCオリジナルの洗濯用洗剤についてご紹介致します♪

今週ご紹介するのは「FCC®ピュアマイルド」!

こちらの洗剤は、汚れを落とす成分が自然植物成分100%から出来ている液体石けんになります。
100%植物性ですので、赤ちゃんやお肌の弱い方の衣類にも安心!
是非、ご利用くださいませ!

梅雨時でも熱中症の予防を!

2018-06-27 [ 豆知識 ]


湿度が高くムシムシした日が続いていますが、植物が元気に育つにはこの季節の降雨がかかせません。実り豊かな秋を迎えるためにもなくてはならないものですね。


■熱中症は夏だけではない?!

熱中症というと、炎天下の夏のできごとのように考えがちです。
熱中症になると、体温が上がり体内の水分と塩分のバランスが崩れて、めまいや頭痛などの症状がおこります。
梅雨の時期を過ごす際の注意点は、春から夏にかけて徐々に気温があがりつつあるだけではなく、湿度も高いということです。


■発汗と体温の関係

通常、汗をかくと体温が下がります。
水分が蒸発すると気化熱によって体表から熱が奪われるため体温が下がるのです。
発汗後は、失われた水分と、体外に出たミネラル分を補給すればなんのもんだいもありません。


■湿度が高いと、汗をかいても体温が下がらない?!

梅雨の時期は湿度が高いため、発汗しても汗がなかなか蒸発してくれません。
蒸発した時に発生する気化熱が生まれないため、汗をかいても体温が下がらない状態になってしまうのです。

こうした場合に人の身体は、もっとたくさんの汗をかくことで、なんとか体温をさげようとしてしまいます。
湿度が高く汗が気化しにくい状態で、汗だけはかき続けることになるため、熱中症をひきおこす危険があるのです。


■室内環境を整えて、熱中症予防!

梅雨はなにかと室内で過ごすことが多くなる時期ですが、夏ほど暑くないからといっても熱中症の危険がありますので、エアコンや扇風機を上手に使うことで体調を整えましょう。
就寝前や朝起きてすぐの水分補給も効果的です。


―いかがでしたでしょうか。
こちらを参考にして熱中症対策をして頂ければ幸いです♪


《 前 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15


衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PageTop

カテゴリMENU

カートを見る

ご利用案内

6,000円以上で送料無料

※FCC®オリジナルエコ商品
  ご購入の場合

<ご利用可能な決済方法>
代金引換(現金のみ)・振込み

店長プロフィール

定休日



※赤い日付は定休日になります。(土・日・祝・他)
定休日の商品発送・メール連絡は、お休みさせていただいており、翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。

会社概要

株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

営業時間:9時-18時


SHOPブログ新着記事

SHOPブログカテゴリ




ショップインフォメーション

衛生用品業務用のHOME  - おすすめ商品  - ショップ紹介  - 支払方法・送料  - お買い物の流れ  - よくある質問


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。