エコ洗剤 業務用 洗剤の販売ならFCC衛生用品.com


HOME > > 豆知識 > まな板の正しい洗浄・除菌の仕方

まな板の正しい洗浄・除菌の仕方

2019-02-06 [ 豆知識 ]

毎日のように使用するまな板。
調理の準備には欠かせないものですが、洗剤で洗うだけでは不十分ということをご存知でしたか。

■正しい洗浄・除菌

まず中性洗剤を使用して汚れを十分に落とした後で、除菌漂白の作業を行います。

①除菌漂白する際には、熱湯ではなく水を使用する
熱湯を使用しないと聞くと、意外に思われるかもしれませんね。
肉や魚などを切ったまな板には、たんぱく質が付着しています。
たんぱく質は60℃前後で凝固する性質をもっているため、水の方がより良く汚れを落とすことができるのです。

②まな板専用のブラシを用意する
まな板には、汚れの入り込みやすい細かなキズが無数に刻まれています。
キズに沿って、中に入り込んだ汚れを掻き出しましょう。

③まな板をふきんで覆い、除菌漂白剤を塗布する
まな板全体を清潔なふきんで覆います。そしてその上から除菌漂白剤を注ぎ、30分ほど置きましょう。
ふきんで覆うことで、まな板から除菌漂白剤が流れ落ちることなく、隅々まで浸透しやすくなるため、効果的に除菌を行うことができるのです。

④まな板が重ならないように、しっかり乾燥する
30分が経過したら、除菌漂白剤をしっかり水で洗い流し、乾燥させましょう。
まな板同士が重なってしまうと、しっかり乾燥することができず雑菌の繁殖する原因となりますので、注意が必要です。

■除菌する頻度はどれくらい?

まな板は中性洗剤での洗浄と同様に、毎日除菌を行いましょう。
一日の終わりに、洗浄と除菌を合わせて行うことを習慣付けしていくと良いかもしれませんね。
清潔な調理用具を使用するためにも、こまめに菌の繁殖を抑えることを心掛けましょう。


【今週のおすすめ商品】

★洗剤 FCC®ピュアマイルド コンパクトサイズ★

食器洗いをして手が荒れてしまうというお客様には、是非ともこのFCC®ピュアマイルドがおすすめです!
FCC®ピュアマイルドには石油由来の界面活性剤は一切入っていません!
松やヤシなどの油で強力に汚れを落とします。
100%植物性ですので肌への刺激がないため、赤ちゃんの哺乳瓶やお野菜を洗っても安心です。


<< 風邪を予防する食事のコツ | 店長ブログTOPへ | クモ駆除の方法と対策 >>


衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PageTop

カテゴリMENU

カートを見る

ご利用案内

4,500円以上で送料無料

※FCC®オリジナルエコ商品
  ご購入の場合

<ご利用可能な決済方法>
代金引換(現金のみ)・振込み

店長プロフィール

定休日



※赤い日付は定休日になります。(土・日・祝・他)
定休日の商品発送・メール連絡は、お休みさせていただいており、翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。

会社概要

株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

営業時間:9時-18時


SHOPブログ新着記事

SHOPブログカテゴリ




ショップインフォメーション

衛生用品業務用のHOME  - おすすめ商品  - ショップ紹介  - 支払方法・送料  - お買い物の流れ  - よくある質問


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。