エコ洗剤 業務用 洗剤の販売ならFCC衛生用品.com


HOME > > 豆知識 > 飲食店のねずみ被害

飲食店のねずみ被害

2016-09-21 [ 豆知識 ]

皆さまこんにちは!
最近弊社では、ねずみ駆除のお問い合わせが多くなっております。

そこで今週は、ねずみの被害の「リスク」と「対処法」についてご紹介致します。


今回ご紹介したい商品はこちら!!
FCC®デオドラントGELです!


ねずみという存在は飲食店にとって、深刻なダメージを引き起こします。
しかし、餌となる食材があり、閉店後は無人になることも多い店舗は、
ねずみにとって最高な環境です。
だからこそ、飲食店は一般家庭以上にねずみに気を配る必要があります。

●飲食店特有のねずみのリスク

ねずみがもたらす被害については、大きく分けて4つに分類されます。

【1】衛生面での被害
ねずみが媒介となって病原菌がばらまかれる

【2】安全面での被害
配線などがかじられ、断線や漏電の原因になる

【3】経済面での被害
食材・家財をかじられてしまう

【4】精神面での被害
ねずみがいるという事実がストレスになる

これを受け、飲食店では以下のリスクに直結します。

・営業停止にもつながる、食中毒のリスク

ねずみが往来することで、不衛生な状態になり、食中毒が発生する可能性があります。
ねずみが媒介する病原菌のひとつ、サルモネラ菌は食中毒の代表的な原因菌です。

一般家庭で食中毒が発生しても、被害を被るのはご家族だけですが、
飲食店ではそうはいきません。お客さんに被害が出てしまいます。

飲食店で食中毒が発生してしまうと、食品衛生法に基づき、行政処分を受ける可能性があります。どのような処分を受けるかは状況により保健所などが判断しますが、
一定期間の営業停止処分がくだされることもあります。

営業停止になってしまうと、当然、その間は営業できないことで
経済的なダメージを被ることになります。
そして、なにより、「食中毒が発生して営業停止処分を受けた」という事実そのものが、
店のイメージを著しく傷つけることになります。

・急速に拡散する「ねずみが出る店」という悪評リスク
食中毒にまで至らなかったとしても、ねずみが出ることがお客さんに知れてしまうと、
店のイメージにとって大きなマイナスです。

とある製薬会社が実施したアンケート調査によれば、9割を超える人がねずみのいるお店には二度と行かないと回答した、という結果もあります。
しかも、大半のお客さんはねずみを見たとしても、それを教えてはくれません。
「見てみぬふりをして二度と来ない」のです。
一方で、SNSやソーシャルメディアなどを通じて、「ねずみの出る店」という悪評は急速に広がってゆきます。

また、お客さんだけでなく、従業員にとっても、ねずみの存在は精神的な負担になります。
ねずみは、バックヤードのほうに出ることが多いでしょうから、遭遇する確率は従業員のほうが高いでしょう。

しかし、ねずみの出る店で働きたいと思う人はいません。
ねずみの出現を放置しておくことは、従業員のモチベーションにも影響しますから、
飲食店の経営者には決して無視できないものなのです。

●ねずみ被害への対処法

飲食店は一般家庭以上にねずみ対策の必要性が高いことはお分かり頂けましたでしょうか。
飲食店には大量の食材が常に置いてあり、テナントですと、侵入口はささまざまにあります。

そこで、駆除業者に依頼するという選択肢も出てきます。
業者に依頼するのは費用がかかるので自力でなんとかしたい、という考えもあるかと思いますが、業者に依頼する場合と、自力での駆除を試みる場合の違いを考えてみましょう。

      ~自力で対処した場合~        ~業者に依頼した場合~
費用       安価で済む              費用がかかる
時間        未知数          おおむね、ひと月以内には最初の対処が完了
手間       手間がかかる            業者に任せることが可能
再発の場合 再度自力での対処が必要    保証期間内なら業者に対処してもらえる

自力のほうが優れているのは、費用面だけと言っても過言ではありません。
費用についても、市販の駆除グッズを使用する場合、店舗の広さによっては数が必要になりますし、どれくらいで効果が出るかもわかりませんので、それなりに費用がかかってしまいます。

食べ物が常にあり、無人になる時間がある店舗はねずみにとって都合のいい場所です。
被害を完璧に止めるのは業者であっても決して簡単なことではないのです。

そのため駆除業者は、店舗の場合、継続して定期的に処置をする形の契約になることが多いです。飲食店のねずみ対策は、それほど大変なものであると思えば、自力での駆除はあまりお薦めできません。

特に、テナントの場合、ひとつの店舗だけが対処をしても、根本的な解決にならないことも多いです。その場合は、建物のオーナーや、近隣の店舗と相談をして、建物ぐるみで駆除業者に依頼することも検討すべきです。

~業者に依頼する時のポイント~

まず、フンや死骸などネズミの痕跡を見つけたら、状況を伝えやすいように写真を撮っておいたり、メモを取るなどすると良いです。
飲食店では駆除業者に来てもらうまでネズミの痕跡を残しておけない場合が多いと思うので、状況がわかるように写真やメモを取ったら速やかに掃除をしましょう。
この時、ゴム手袋やほうきなどを使用して、直接手で触ることがないようにしましょう。

弊社はネズミ駆除に自信があります!
無料見積りを承っておりますので、ネズミをなんとかしたい・・・そうお考えの方は
お気軽にお問い合わせくださいませ!

お問い合わせフォームはこちら! → ネズミ駆除.jp

またネズミの腐敗臭にお困りの方はFCC®デオドラントGELがおすすめです!
是非、ご利用になって見て下さい!

他の衛生用品のチェックはコチラからどうぞ! →→→ 他の商品もチェック!!!


<< コーヒーとガン | 店長ブログTOPへ | 台所以外にも火災原因あり! >>


衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PageTop

カテゴリMENU

カートを見る

ご利用案内

4,500円以上で送料無料

※FCC®オリジナルエコ商品
  ご購入の場合

<ご利用可能な決済方法>
代金引換(現金のみ)・振込み

店長プロフィール

定休日



※赤い日付は定休日になります。(土・日・祝・他)
定休日の商品発送・メール連絡は、お休みさせていただいており、翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。

会社概要

株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

営業時間:9時-18時


SHOPブログ新着記事

SHOPブログカテゴリ




ショップインフォメーション

衛生用品業務用のHOME  - おすすめ商品  - ショップ紹介  - 支払方法・送料  - お買い物の流れ  - よくある質問


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。