エコ洗剤 業務用 洗剤の販売ならFCC衛生用品.com


HOME > > 豆知識 > 代謝を上げよう

代謝を上げよう

2016-05-18 [ 豆知識 ]

皆様、こんにちは!
最近は心地よく暖かい気候で、ウォーキングやランニングがはかどるのではないでしょうか。

そんな5月は屋外のレジャーやスポーツにぴったりの季節です。そして、冬の間にたまってしまった体内に蓄積された悪いものを排出し、新しいものを取り入れるのにはとっておきの季節でもあります。
今のうちに代謝を上げ、健康な体をゲットしましょう!


今回おすすめしたい商品はこちら!!!
ファインハンドクリーンです!!!


そもそも代謝とは?
代謝とは体内に不要なものや古いものを排出し、生命維持に必要なものを取り入れることを言います。
「呼吸」そして「食べること」は重要な代謝の一部なのです。

代謝を上げるということは生命に必要なエネルギー量である「基礎代謝」を上げることになります。基礎代謝は特別な運動をしなくとも、自然に体がカロリーを消費します。

ではどのようにして代謝を上げるのでしょうか。

代謝を上げる為に必要な栄養素は以下の通りです。
・カプサイシン
発汗作用や脂肪燃焼効果があるため、運動をするときに摂取すると効果的です。また冷房など冷え対策にもなるのでおすすめです。

・アミノ酸
アルギニン、アラニン、プロリン、リジンなどは脂肪を燃やしてエネルギーに変える作用があります。アルギニンを多く含む食材は豚肉、鶏肉、カツオ、大豆。
アラニンはイカ、ホタテ、しじみなどの魚介類。
プロリンは豚肉、カツオ、チーズ。
そしてリジンは肉類、魚介類、牛乳です。

・ビタミンB群
ビタミンB群は代謝を高めるサポートをする栄養素です。
例えばビタミンB1は糖質を。そしてビタミンB2は脂質の代謝を助ける重要な役割を果たします。
ビタミンB1は豚肉、レバーなどの肉類、玄米などの穀物、カツオなどの魚介類、卵や大豆、にんにくです。
ビタミンB2はレバー、ヨーグルト、納豆、さんまなどに含まれます。

・ヨウ素
ヨウ素は炭水化物、タンパク質、脂質などの3大栄養素の代謝をサポートします。
昆布などの海藻類、牡蠣、鮭、パイナップルなどに多く含まれます。

代謝を上げるためには食べてはいけない、なんて思い込んでしまうこともありますが、それは誤りです。
実は食べなくてはいけないのです!炭水化物を抜くのはもってのほかです。
代謝を上げるために、まずは食生活を改善しましょう!

次回はその他の方法をご紹介です。


食事をする前には手をきれいに洗う必要がありますね。
そこで従来のアルコール性商品に比べ保湿力に優れ、爪の中まで抗菌できる
当社が推奨するファインハンドクリーンを是非、ご利用になって見て下さい!

他の衛生用品のチェックはコチラからどうぞ!→→→ 他の商品もチェック!!!


<< 食中毒について | 店長ブログTOPへ | 代謝を上げよう PART2 >>


衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PageTop

カテゴリMENU

カートを見る

ご利用案内

4,500円以上で送料無料

※FCC®オリジナルエコ商品
  ご購入の場合

<ご利用可能な決済方法>
代金引換(現金のみ)・振込み

店長プロフィール

定休日



※赤い日付は定休日になります。(土・日・祝・他)
定休日の商品発送・メール連絡は、お休みさせていただいており、翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。

会社概要

株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

営業時間:9時-18時


SHOPブログ新着記事

SHOPブログカテゴリ




ショップインフォメーション

衛生用品業務用のHOME  - おすすめ商品  - ショップ紹介  - 支払方法・送料  - お買い物の流れ  - よくある質問


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。