豆知識 - 店長ブログ


HOME > 店長ブログ > 豆知識

豆知識

梅雨の時期に倍増?!ダニの対策方法

2019-07-10 [ 豆知識 ]

年間を通してダニが最も発生しやすい時期が6月から8月になります。

現代の住宅は気密性の高いため湿気がたまりやすく、また性能の高い暖房器具が増えたことでダニの好む環境が長く保たれ、ここ30年で屋内のダニの数は3倍にも増えたと言われています。

ダニが多く繁殖する条件として3つあります。

1つ目が「高温多湿の環境」です。
温度が20~30度、湿度が60~80%を好み日本の梅雨から夏にかけての気候はダニにとって快適な環境になる為、この梅雨の時期に爆発的に繁殖します。

2つ目が「エサ」です。
特に布団はエサとなるアカやフケがつきやすいため、ダニが好む環境になります。
また、寝ている間に汗をかくため高温多湿の環境になりやすいです。

3つ目が「住処」です。
畳や、じゅうたん、布団、ぬいぐるみなど汚れやほこりがたまりやすい場所を好みます。


■ダニの対策方法

1.窓をあけて換気をする

梅雨の時期になると窓を閉め切ってしまう日が多くなってしまうと思いますが、梅雨の
合間の晴れ間をつかって、窓を開けて部屋の換気を行いましょう。

2.布団乾燥機や布団クリーナーで湿気を取る

布団の湿気やダニ対策に天日干しをする方も多いと思いますが、実はあまり効果がありません。

ダニを死滅させるためには50度以上の熱を20分~30分以上かけて天日干しする必要がありますが、真夏の天日干しでも60度には達せず、ダニが布団の裏側に移動してしまうので効果がないのです。

そのため布団乾燥機や布団クリーナーを利用して、ダニを予防しましょう。
もし布団乾燥機などが無い場合は、コインランドリーの乾燥機を使用すればダニが死滅する温度である50度以上に達しやすいため効果的です。

3.食品の保管を確認

ダニはでんぷんやタンパク質、うまみ成分を多く含むものが好物で、特にお好み焼き粉やホットケーキミックスがもっともダニの繁殖が多いそうです。

また、粉もの以外でもかつお節やしいたけなどの乾物もうまみ成分があるためダニが発生しやすいと言われています。

オススメの保存方法として、密閉容器を2重にして冷蔵庫の中に保管をするとダニの侵入を防ぐことが出来ます。

いかがでしたでしょうか?
しっかりダニ対策を行い、快適な梅雨を過ごしましょう!

【今週のおすすめ商品】

★FCC-eco(1.8リットル)★

ダニを発生させないためには、こまめに掃除を行いましょう。
部屋中のお掃除だけでなく、お洗濯や食品の汚れを落とすなど様々な用途でお使い頂けます。
天然素材のため、人にも環境にも優しい洗剤です。

ぜひお試しください!


益虫の「クモ」は人の役に立つ虫

2019-06-26 [ 豆知識 ]

皆さま「益虫」とはご存知でしょうか?

益虫とは、何らかの形で人間生活に役立つ昆虫など小動物の事を指します。
益虫には、ミツバチ、蚕のようにその生産物が直接人間の役に立つものと、天敵の様に害虫を駆除して間接的に人間の役に立つものがあります。

中でも「益虫」のクモは退治する必要が無いと言われおり、クモは動物食なため他の害虫を食べてくれます。

基本外にいるクモを見ると不快に感じクモの駆除を考えてしまいがちですが、クモがいるということはそこにクモの餌となる虫たちがいるということです。

続いて家に良く出るクモについてご説明します。

■ゴキブリハンターの「アシダカグモ」

脚が長く全長が10cm~13cmと大きいのが特徴です。
大きい見た目に寄らずとても臆病なため人間に近づくことはせず、毒もないため無害な
クモです。

なんと彼らの主食はゴキブリで、成虫になるとネズミなども食べるそうです。
夜行性のため私たちが寝ている間に家にいるゴキブリを捕獲します。

ゴキブリのいる家にどこからかやってきて、ゴキブリを食い尽くすと去って行く
その働きから「軍曹」とも呼ばれています。

■家グモと呼ばれる「アダンソンハエトリ」

1cmにも満たない小さくて黒いのが特徴です。
ハエトリグモ科に属し、その名の通りハエ取りが得意で動くものなら何でも捕らえます。

彼らは巣をはらず、家の中をうろついてハエ以外にもゴキブリの子ども、ダニや蚊を捕まえて食べてくれます。

いかがでしたでしょうか?

〝虫″と聞くとどうしても「害のあるもの」と思ってしまいがちですが、人の役に立っている虫も身近に存在しているということを知っていただけたら嬉しいです。

ただし、益虫も増えすぎると害虫になってしまうため気を付けましょう!

【今週のおすすめ商品】

★FCC-eco(1.8リットル)★

野菜や果物の食べ物から洗濯や家中の掃除まで、さまざまな場面で使用することができます。
天然素材を使用しているため、人にも環境にも優しい洗剤です。

毎日のお掃除にぜひいかがでしょうか?

ネズミの嗅覚を利用した駆除

2019-06-12 [ 豆知識 ]


ネズミを駆除したいと思っていても、小さい子どもやペットがいるため薬剤や毒エサを使うのは抵抗があるという方も多いのではないでしょうか?

本日は、ネズミの特徴である〝嗅覚″を利用した、家庭でもできる安全な対策方法をお伝えします。

まずは、ネズミの特徴です。
ネズミは夜行性の為、人が寝静まった頃に活動しはじめ、食べ物をあさるといった習性があります。
夜行性であるにも関わらず、意外にも視力は良くありません。

しかし、ネズミは視力が弱い代わりに嗅覚はとても優れており、犬と同等かそれ以上
と言われるほど匂いにはとても敏感な動物です。

ネズミの優れた嗅覚は離れた場所にある食べ物の匂いでも嗅ぎつけることが出来ます。
嗅覚に優れているネズミの特徴を生かして、ネズミの苦手な臭いを発するものを設置すれば、ネズミが近寄りにくくなる効果が期待できます。

■ネズミの好きな匂いと嫌いな匂い

<ネズミの好む香りは「ナッツ系や果実系など甘い香り」です。
これに対し、嫌いな香りは「ミントやハッカ系」のスーッとした匂いや「わさびや唐辛子」など匂いそのものが強い刺激臭などです。

ミントやハッカ油などのハーブ系は、ネズミだけでなく、ゴキブリやハエなど他の虫にも効果的です。
使用方法としては、容器にコットンか重曹を入れてオイルを数滴垂らし、ネズミが
良く通るルートや侵入口に置いておきます。

また、ネズミは餌を求めて侵入する為、キッチンなど食べ物が置いてある場所に発生することが多いです。
食べ物がある場所に毒エサを設置するのは心配...という方は、わさびや唐辛子がオススメです。

特に唐辛子は、ネズミの被害を受けやすい農家さんでも行っている方法です。
使用方法としては、唐辛子に含まれているカプサイシン成分が出やすいように唐辛子は輪切りにしてネズミが発生しやすい場所に置いておきます。

しかし、効果が続く期間も限られており、匂いが消えてしまうと、またネズミが寄ってきてしまうので、定期的に変えることが必要です。

いかがでしたでしょうか?
家庭でも安全にできる対策方法を行って、ネズミの住みにくい環境を作りましょう。

【今週のおすすめ商品】

★FCCデオドラントGEL★

ネズミの腐敗臭だけでなく、細菌・カビ・ウィルスに対しても除菌力を発揮します。

塩素よりも高い除菌力を持つ二酸化塩素の力で、強力に脱臭します。
二酸化塩素は、小麦の漂白のための食品添加物として使用が認められているため、安心してお使い頂けます。

ネズミの臭いにお困りの方は、ぜひご利用下さい!


梅雨時期からのトコジラミ対策

2019-05-29 [ 豆知識 ]

衛生害虫の多くは、梅雨時期から夏にかけて高温多湿の環境で活動が盛んになりますが、トコジラミも例外ではありません。

ゴールデンウィーク中に海外渡航を含めて人の往来が増えたところで、その後すぐに梅雨と夏の季節がやってくるわけですから、今回はトコジラミ対策について見ていきましょう。

トコジラミは英語表記で「Bed bugs」といわれるだけあって、ベッドや布団に多く発生があり、カーペットや衣類などにも被害が多いです。

意外な発生場所としては、畳からもトコジラミの被害が多く報告されており、旅館やご自宅に和室のある方も、注意が必要です。

■トコジラミの弱点は低湿度と高温

人は寝ている間に多量の汗をかいており、特に寝室は高温多湿の条件を保ちやすい環境となっています。

天日干しは汗が染みこんだ寝具を乾燥させるため、もちろん効果がありますが、トコジラミが死滅するほどの高温とはならないため、トコジラミ対策としては十分ではないようです。

布団乾燥機を活用すれば、高温でトコジラミを死滅することが出来ますが、同じことを屋内全体に行うことはなかなか出来るものではありません。

そのため有効なトコジラミ対策としては、屋内の湿度を下げて乾燥させることが重要となります。

窓を開けて屋内の風通しをよくする他に、エアコンを活用することも有効です。


―いかがでしたでしょうか。
トコジラミは人から吸血するだけではなく、人の臭気を感知して枕カバーやベッドシーツに集まってきますので、こまめに洗濯を行い、毛布はクリーニングに出して清潔を保ちましょう。


【今週のおすすめ商品】

★FCCピュアマイルド(洗濯用)★

トコジラミは目に見えづらいため、気が付かないうちに外部から持ち帰ってしまうケースがほとんどです。

日頃からこまめなお洗濯を心掛けることで、トコジラミ被害から身を守ることにも繋がります。

FCCピュアマイルドはトール(松)油やヤシ油など自然植物成分100%で出来ており、
赤ちゃんやお肌の弱い方でも安心してしっかり汚れを落とすことが出来ます。

石油系界面活性剤を一切含まないため、環境への影響にも配慮した自然に戻りやすい洗剤となっております。

飲食店のゴキブリ対応

2019-05-15 [ 豆知識 ]

気温の変化の大きい今日この頃ですが、徐々に気温と湿度が高くなっていますね。
様々な害虫が増える季節ですが、ゴキブリも例外ではありません。

■飲食店にゴキブリが多い理由

ゴキブリは、暖かく狭い場所、暗くて湿度の高い場所を好みます。
飲食店は、上記の条件に加えて水と食材も豊富に揃っているため、ゴキブリにとっては絶好の住処となってしまいます。

飲食店のそばを通りかかると、おいしそうな匂いが漂っていて、思わず引き寄せられてしまった・・・という経験は誰にでもあるかもしれませんね。
ゴキブリも同じように食材の匂いを察知して飲食店に侵入してきます。

飲食店の排気口や排水口は大型の場合が多いため、一般家庭に比べて容易に侵入できてしまいます。
外部から搬入される食材の段ボール、ビールケースなども、暖かく隙間がありゴキブリが身を潜めるのに適しているため、ゴキブリ侵入の原因となっています。

■飲食店でゴキブリはどこにいる?

飲食店には、コールドテーブルや冷蔵庫など大型の什器が複数入っています。
これらの什器裏は、暖かく狭い場所、暗くて湿度の高い場所という条件を兼ね備えているため、ゴキブリの格好の生息場所となってしまいます。

■ゴキブリの危険性

ゴキブリは、下水、排水口などを経由して侵入してくるため、さまざまな雑菌を付着させて繁殖しています。
ゴキブリからはサルモネラ菌、赤痢菌、チフス菌、大腸菌などが検出されており、食中毒の原因ともなるため、十分な注意が必要です。

-いかがでしたでしょうか。
ゴキブリを予防するためには、店内を毎日小まめに掃除して清潔にすることが欠かせません。
店舗の排水口、排気口、店舗の出入口などは、侵入されるリスクの大きい場所となります。
衛生面に十分留意するだけではなく、フィルタを設置したり、解放したまま放置しないようにしましょう。


【今週のおすすめ商品】

★FCCオイルクリーン★

ギトギトベタベタで擦っても中々落ちない油汚れでお困りではありませんか?
FCCオイルクリーンは油汚れに特化したエコ洗剤です。

ゴキブリの好物である油汚れを除去して、衛生的な店内環境を実現しましょう。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PageTop

カテゴリMENU

カートを見る

ご利用案内

4,500円以上で送料無料

※FCC®オリジナルエコ商品
  ご購入の場合

<ご利用可能な決済方法>
代金引換(現金のみ)・振込み

店長プロフィール

定休日



※赤い日付は定休日になります。(土・日・祝・他)
定休日の商品発送・メール連絡は、お休みさせていただいており、翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。

会社概要

株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

営業時間:9時-18時


SHOPブログ新着記事

SHOPブログカテゴリ




ショップインフォメーション

衛生用品業務用のHOME  - おすすめ商品  - ショップ紹介  - 支払方法・送料  - お買い物の流れ  - よくある質問


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。