豆知識 - 店長ブログ


HOME > 店長ブログ > 豆知識

豆知識

春だけじゃない秋にも多い花粉症

2019-09-18 [ 豆知識 ]

花粉症は春のイメージが強いと思いますが、実は日本だけでも60種類以上の花粉が報告されており、一年を通して花粉症になる可能性があります。

■秋の花粉の種類

春の花粉は杉やヒノキが有名ですが、秋の花粉症の主な原因はキク科の「ブタクサ
ヨモギ」、アサ科の「カナムグラ」などの草の花粉です。

これらの花粉はスギやヒノキのような樹木の花粉と違って遠くまで飛ばず、飛んでも数メートルですが、身近な道端や公園、河川敷など身近な所に生えているため、うっかり近づいてしまうと花粉を吸いこんでしまいます。

・ブタクサ(キク科)
・・・道端や空き地、河川敷など全国的に広く分布しています。
花粉の粒子が細かく、気管に入ると喘息の原因になることもあります。

・ヨモギ(キク科)・・・食用や薬用としてもなじみ深い植物で、繁殖力が強く平地から
高山まで幅広く分布しています。

・カナムグラ(アサ科)・・・道端や林の周辺など全国に広く分布し、アレルギーを起こし
やすく花粉症の原因となります。

■秋はハウスダストにも注意しましょう

花粉以外の秋のアレルゲンとして、ハウスダストによる症状も増えています。
ハウスダストとは室内に溜まるホコリの事で、ダニの死骸や糞、フケ、カビなども含まれています。

夏の暑い時期に繁殖をするダニは秋になると死に、その死骸は小さく非常に軽いため、人の動きや空気の流れによって舞い上がり、それを吸い込むことによってアレルギー症状を引き起こしてしまいます。

花粉症対策をしても症状が軽減しない人は、部屋の掃除をこまめに行ってハウスダストを対策しましょう。

■秋の花粉症対策

基本的に春の花粉症対策と変わりませんが、春のスギやヒノキの花粉が広範囲に飛散するのに対して、秋による花粉は数百メートルしか飛ばないため次の事に注意してみましょう。

・花粉の飛散時期にブタクサなどの植物が生えている場所に近づかない
・家の近くに植物が生えている場合は、花粉の侵入を防ぐために窓を閉めておく

その他の予防対策としては、

・マスクや花粉症用のメガネをかける
・花粉の付着しにくい素材の服を着る(綿やポリエステル)
・家に入る前に玄関で花粉をはらう
・空気清浄機を使用する

いかがでしたでしょうか?
秋は気温の変化も大きく、体調を崩しやすい時期でもあるため体調管理もしっかり行いましょう!

【今週のおすすめ商品】

★FCCピュアマイルドコンパクトサイズ★

体調を崩すと風邪をひきやすくなってしまいますが、予防法の中でもお子様からご年配の方まで簡単に実践できるのが手洗いです。

FCCピュアマイルドは、松やヤシなどの自然の植物から出来ているため、お子さまや手荒れ・アトピーでお悩みの方も安心してお使い頂けます。

この機会にぜひお試しください!

秋バテを知っていますか?

2019-09-04 [ 豆知識 ]

夏バテをご存知の方は多いと思いますが、「秋バテ」と呼ばれる症状があるのを知っていますか?

夏の暑さによって体調を崩すことを夏バテと言いますが、秋バテとは夏の疲れがたまって体力を消耗し、それがもとになって自律神経の乱れや血の巡りが悪くなって起こるものです。

また、秋は台風シーズンであるうえに雨が多いため、寒暖差や気圧の変化が激しく自律神経のバランスが崩れることで体調にも影響が出やすい季節と言えます。

さらに夏の習慣が抜けずに入浴もシャワーだけで済ませてしまったり、冷房や冷たい物の取りすぎによって体が常に冷え切った状態になっているのです。

その結果、涼しくなってきたのにもかかわらず体がだるい、疲れやすいなど体の不調につながってしまいます。


■こんな症状が出てきたら「秋バテ」のサイン!

○体がだるく、疲れやすい
○朝がスッキリ起きられない
○食欲がない
○胸やけ・胃もたれ
○肩こり・頭痛
○めまい・立ちくらみ
○1日中眠たい


■秋バテにならないための予防対策

①食事
冷たい飲み物はなるべく控えて、温かいものや常温の飲み物を飲むようにしましょう。
食事は生姜、根菜類(人参・さつまいも・里芋・大根)、きのこなど旬の食材を使って内臓から温めると良いです。

②運動
ウォーキングなどの有酸素運動は、血流をよくし疲労物質の排出を促してくれるため疲労回復に効果的です。

③入浴
夏の時期は熱い湯船を避けてシャワーで済ませてしまう方も多いと思いますが、冷房によって思った以上に体は冷えています。
38~40度ぐらいのお湯にゆっくり入り、体の芯まで冷えた体を温めることで体力や胃腸の働きの回復を手伝ってくれます。

④保温
冷房が効いている室内では、上着やカーディガン、ひざ掛けなどで自分の体調に合わせて温度を調整しましょう。

いかがでいたでしょうか?
暑さが和らいだからといって油断せず、秋バテにならないためにしっかり対策を行いましょう!

【今週のおすすめ商品】

★FCCピュアマイルドコンパクトサイズ★

体調を崩すと風邪をひきやすくなってしまいますが、予防法の中でもお子様からご年配の方まで簡単に実践できるのが手洗いです。

FCCピュアマイルドは、松やヤシなどの自然の植物から出来ているため、お子さまや手荒れ・アトピーでお悩みの方も安心してお使い頂けます。

この機会にぜひお試しください!

都会に増え続けるネズミ

2019-08-21 [ 豆知識 ]

つい先日、渋谷のコンビニでネズミが数匹動き回る動画が話題となりましたが、都会では年々ネズミが増え続けていると言います。

なぜこれだけ人間の社会に出現し、ネズミが増え続けてしまっているのでしょうか?
今回は都会に現れるネズミの特徴と、増え続けている理由についてご紹介したいと思います。

■ネズミの被害の大半は3種類の家ネズミ

ネズミは大きく分けて都会や建物の中で生活する家ネズミと、山や野外に住む野ネズミとに分類されますが、都会や家庭での被害は主に家ネズミです。

家ネズミの種類は、ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの3種類に分けられ、特に近年ではクマネズミの被害が最も多くなっています。

■3種類のネズミの特徴

・ドブネズミ
ドブネズミは湿気や寒さに弱く1階の飲食店に出ることが多いネズミです。
泳ぎが得意で、家の外に巣をつくることもあり、床下や排水管などから侵入してきます。
一方で、高い所をのぼるのは苦手なためビルなどの高い階には出て来ません。

・クマネズミ
クマネズミは運動が得意で外の電線・排水パイプなどにも簡単に上ってどこからでも侵入することが出来ます。
寒さに弱いため建物の中に巣を作ることが多く、天井裏で走り回るのはクマネズミになります。

・ハツカネズミ
体が他のネズミと比べて小さく、身軽でどこでも入り込むことができるため他のネズミでは入れないような小さい隙間にラットサインを見つけたらハツカネズミの仕業です。

■なぜ都会に増え続けるのか?

○住居となる場所がいたるところにある

都会がネズミの天国だと言われる理由の一つが、ネズミの住処となるような場所がいたるところに存在しているからです。

都市部は建物が多く、排水設備などが複雑な構造になっています。
また、ビルの通気口・ビルとビルの隙間・地下鉄・下水口などネズミが好む狭い場所や湿った場所が数多くあり、ネズミにとっては外的から身を守れる場所が沢山存在するのです。

○食べ物が沢山ある

都会にはたくさんの人が生活をし、食事をしていますが、それゆえに沢山の人間の食べ物やその食べ物から出る残飯があります。

何十、何百という世帯から、また立ち並ぶ沢山の飲食店から出される大量の生ごみは雑食のネズミにとっては常に食べ物にありつける最高の環境になるのです。

いかがでしたでしょうか?
実は身近に存在しているなんて恐ろしいですよね、皆さまもお気を付けて下さいませ!

弊社はネズミ駆除サービスも承っております。
お見積もりを無料でお出ししておりますので、少しでもネズミにお困りでしたらご連絡下さい。

【今週のおすすめ商品】

★FCC デオドランドGEL★

ネズミの臭いでお困りではありませんか?
塩素よりも高い除菌力を持つ二酸化塩素の力で様々な臭いや雑菌でも消臭除菌します。

二酸化塩素は食品添加物として使用が認められているため、安全にご使用いただけますので、ネズミの臭いにお困りの方はぜひお試しください!

見えない汗で進むかくれ脱水に注意!

2019-08-07 [ 豆知識 ]

■かくれ脱水とは

かくれ脱水とは、自分では気がつかないうちに体の水分が減り、脱水症の一歩手前の状態になっていることを言います。

放っておくと脱水症状に陥り、水分不足から汗が作れない状態なります。
すると体温を下げることが出来す、熱中症を引き起こしてしまうのです。

ではなぜかくれ脱水になってしまうのでしょうか?


■かくれ脱水の原因とは?

通常、脱水が起きやすいのは目に見えるような大量の汗をかいた時ですが、かくれ脱水を引き起こす汗はそれだけではありません。

人は安静にしていても自分が感じることがないまま水分を蒸発し続けています。
このことを「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」といいます。

不感蒸泄とは、皮膚や呼吸から失われる水分の事を指します。
目に見える汗は「有感蒸泄」にあたるため、不感蒸泄には含まれません。

この記事を読んでる間にも身体から気体となって水分が失われているということになります。

では、一日にどれくらい目に見えない水分が失われているのでしょうか。

実は、健康的な成人で1日に約900ml(皮膚から約600ml、呼吸から約300ml)ほどの不感蒸泄があると言われています。
なんと1リットル近い水分が失われているということになります。驚きですね。

蒸発する水分は、体重やその日の体調によって様々であり、温度や湿度など環境によっても大きく左右されます。

また、体温が1度上昇するごとに、不感蒸発の量が約200mlも増加します。
気温が上がればその分発汗量も増えてくるため、喉の渇きを感じなくても適切に水分補給を行うことが大切です。

また、涼しい室内で汗をかいているつもりがなくても、水分は着実に失われています。
喉の渇きを感じている場合はすでに「脱水」が始まっている証拠なので、喉の渇きを感じる前にこまめに水分を摂る習慣をつけることが大切です。


■効果的な水分の取り方

1.水とスポーツドリンクを使い分ける
日常生活であれば水で十分ですが、スポーツをするなど大量に汗をかくときは、水分と一緒に塩分も失うため、スポーツドリンクや
経口補水液など塩分を含んだ飲料を飲むのが効果的です。

2.がぶ飲みよりも少しずつ飲む
一度に大量に飲むと胃腸に負担がかかり、水中毒になってしまう恐れもあります。
少しずつ飲むことで胃腸への負担が減り、体温コントロールもしやすく、身体も吸収しやすいため、こまめに少しずつ水分補給を行うことが大切です。

3.冷たい水を飲む
夏の熱中症対策には、冷蔵庫で冷やした水が効果的です。
冷やした水は体を冷やし体温を下げてくれるだけではなく、腸を刺激し吸収を高めてくれます。

しかし、高齢者や病気を患っている方は冷たい飲み物が逆効果になってしまう場合もあるため、その場合は常温の水で水分補給をしましょう。

いかがでしたでしょうか?
かくれ脱水にならないためにも、水分補給をこまめに行ってくださいね!

【今週のおすすめ商品】

★FCC Fine Water1本入り★

環境と人に優しい100%水のアルカリイオン電解水で、手荒れの心配もいりません。
洗浄・除菌・消臭・防錆の4つの効果で汚れをしっかり落とします。

ぜひお試しください!

この時期に気をつけたい「夏風邪」について

2019-07-24 [ 豆知識 ]

夏に体調を崩すと「夏バテ」と思われるかもしれませんが、その不調は「夏バテ」ではなく「夏風邪」かもしれません。

医学的に「夏風邪」という言葉はなく、冬にかかる一般的な風邪に対して夏にかかる風邪を「夏風邪」と呼んでいます。

一般的に風邪ウイルスは低温で乾燥した空気を好みますが、夏風邪のウイルスは高温多湿を好み、湿度が50%以上になると活発になります。

夏風邪の原因となるウイルスは、ほとんどがお腹の中で増えるため体の外に排出されるのに時間がかかり、夏風邪は冬に引く風邪より治りづらいと言われています。

症状としては、鼻水・咳・のどの痛みなどの風邪の症状と、下痢・腹痛など胃腸系にくる症状があります。


■夏風邪の原因

風邪はウイルスがのどや鼻の粘膜に侵入してかかります。
特に夏は冷房の効き過ぎで室内の空気が乾くため、のどや鼻の粘膜も乾燥しやすくなり
ウイルスが付着しやすい状態です。

また、長時間エアコンを使用することによって、体が冷えすぎてしまい免疫力が低下してしまいます。

特に冷房の効いた部屋と外を行き来していると、思っている以上に温度差で体に大きな負担をかけているため、注意が必要です。

暑いからと言って冷たいものばかりの食事は、体の冷えにもつながります。
冷たい麺類など口当たりの良いものばかり食べたりするのも、栄養が偏ってしまうため
バランスの良い食事を心がけましょう。


■夏風邪の予防対策

○手洗い・うがいをこまめに行う

手洗い、うがいをしっかり行うことは予防の基本になるため、食事の前や外出後、トイレの後などは必ず手を洗いましょう。

○火を使った料理を食べる

夏は冷房で思っている以上に体が冷えている為、火をじっくり通した温かい料理(スープや煮物など)を食べましょう。

○冷たい飲み物や食べ物を取りすぎない

冷たい飲み物や食べ物は胃腸の働きを低下させるため、摂り過ぎには注意です。
飲み物はできるだけ常温で飲むようにし、アイスなどは食べ過ぎないようにしましょう。

○汗をかく

普段から汗をかかないと、暑い場所で汗をかこうとしたときに上手く汗をかけずに熱中症になってしまう場合もあります。
軽いウォーキングをしたり、お風呂に入って汗をかきましょう。

○お風呂に入る

夏は暑いためシャワーだけで済ませてしまう方も多いかもしれませんが、お休みの日などはお風呂にしっかり入って体の深部まで温めましょう。
また、湯上りには水分補給もしっかり取ることが大切です。

いかがでしたでしょうか?
しっかり予防対策を行って、楽しい夏をお過ごしください!

【今週のおすすめ商品】

★FCCピュアマイルド コンパクトサイズ★

風邪の予防には、しっかり手を洗うことが大切です!

FCCピュアマイルドは、松の油など自然の植物から出来ているため手荒れなどで
お困りの方も安心してお使い頂けます。

ぜひお試しください!



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PageTop

カテゴリMENU

カートを見る

ご利用案内

4,500円以上で送料無料

※FCC®オリジナルエコ商品
  ご購入の場合

<ご利用可能な決済方法>
代金引換(現金のみ)・振込み

店長プロフィール

定休日



※赤い日付は定休日になります。(土・日・祝・他)
定休日の商品発送・メール連絡は、お休みさせていただいており、翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。

会社概要

株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

営業時間:9時-18時


SHOPブログ新着記事

SHOPブログカテゴリ




ショップインフォメーション

衛生用品業務用のHOME  - おすすめ商品  - ショップ紹介  - 支払方法・送料  - お買い物の流れ  - よくある質問


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。