豆知識 - 店長ブログ


HOME > 店長ブログ > 豆知識

豆知識

ゴキブリの名前の由来

2020-03-18 [ 豆知識 ]

今回は、ゴキブリの名前の由来についてお話しさせて頂きます。

■ゴキブリの由来

ゴキブリという名前は、「御器(食器)をかぶる(かじる)」ことから「御器被り(ごきかぶり)」と呼ばれるようになりました。

ゴキブリは残飯だけでなく、食器までかじったことからこの名前が付いたそうです。
「ごきかぶり」から「ごきぶり」に変化したのは、岩川友太郎氏の「日本昆虫学」で誤ってゴキブリの振り仮名が付けられたことにより、誤った名称が標準和名として定着したそうです。

古くは、ゴミを意味する「芥(あくた)」から「芥虫(アクタムシ)」と言われていました。

ゴキブリは雑食性であることは、皆さまご存知かもしれませんが食器までかじっていたとは驚きですね。

人間にとってわずか1滴の水も体の小さなゴキブリにとっては十分な量になります。
人間の髪の毛や、フケ、爪や埃だって彼らの立派な餌となってしまいますので、
ゴキブリを見たくなければ、日頃のこまめなお掃除で清潔な環境を徹底しましょう。

【今週のおすすめ商品】

★FCCオイルクリーン★

ベタベタで擦っても中々落ちない油汚れでお困りではありませんか?
FCCオイルクリーンは油汚れに特化しており、しつこい油汚れをしっかり落とします。

ゴキブリの好物でもある油汚れを除去して、衛生的な環境を目指しましょう!

喉の粘膜を強化しよう

2020-03-04 [ 豆知識 ]

めまぐるしい気温の変化で体調を崩される方も多いのではないでしょうか?
喉は空気や食べ物、飲み物を通す通り道のためウイルスや細菌が入り込みやすいですが、
通り道を粘膜で守ることで体に外敵が入らないようにしています。

粘膜には、空気とともに吸い込んだ細菌などの異物を排出する役割がありますが、
乾燥やストレス、声帯の使い過ぎにより粘膜が弱ってしまうとウイルスや細菌が
簡単に侵入してしまいます。

■喉を守る方法

○加湿をする
ウイルスが活発に浮遊する湿度が40%以下と言われているので、加湿器を使って湿度を50%~60%に保つと効果的です。

○マスクをする
マスクの着用は風邪の予防だけでなく、乾燥対策としても有効です。
特に寝ている時は唾液の分泌が抑えられ、喉が乾燥しやすい状態になっているので
つけて寝る事をおすすめします。

○水分補給
喉が乾燥していると、体内の水分量も低下してしまいます。
寒い時期は水分を取るのを忘れがちですが、こまめな水分補給を意識しましょう。

■粘膜を強くする食材を摂ろう

○粘膜の元になるビタミンA
ビタミンAは、皮膚や粘膜などの細胞の形成に不可欠な栄養素です。
ビタミンAが粘膜の働きを良くすることにより、体外から細菌やウイルスが侵入してくるのを防ぐことができます。

<ビタミンAを多く含む食材>
レバー・うなぎ・緑黄色野菜(人参・ほうれん草・ブロッコリーなど)


いかがでしたでしょうか?
ウイルスや細菌の侵入を防ぐためにも、免疫力をあげる効果的な栄養素を毎日の食事に
取り入れてみましょう。

【今週のおすすめ商品】

★FCC Fine Water 1本入り★
FCC Fine Waterは、これ1つで洗浄・除菌・消臭・防錆の4つの効果を発揮します。
界面活性剤や化学薬品を一切使用せず、100%水のアルカリ電解水で出来ていますので、お子様やペットがいるご家庭でも安心してお使い頂けます。

用途によって薄めてご使用頂くため、コスト面でもとてもお得です!
ぜひお試しください!

新型コロナウイルスから身を守るために

2020-02-19 [ 豆知識 ]

新型コロナウイルスの影響で、日本国内でも各地でマスクが売り切れるなど
「マスクの不足現象」が起こっています。

マスクをしている人の多くは予防効果と期待しているとみられますが、マスクの予防効果を巡って様々な情報が飛び交っています。

はたしてマスクは新型コロナウイルスの予防になるのでしょうか?

まずは、コロナウイルスはどのように感染するのかご紹介します。

■コロナウイルスの感染経路

新型コロナウイルス感染症の感染経路については、現時点で飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。

1つは、感染者の咳やくしゃみによる飛と一緒に放出されたウイルスを吸い込むことで感染する「飛沫感染」。

もう一つは、飛沫が付着した手でドアノブやつり革を触り、さらにそこに触った人の
手を介して感染する「接触感染」です。

人間は1時間に平均23回も顔を触るという研究結果があるようですが、
マスクを着用すると顔を簡単に触らなくなるので、手に付いたウイルスが鼻や口に
入りにくくなり、ウイルス感染のリスクを下げることは期待できます。

しかし、マスク以上に大切なのが「手洗い」です。

■コロナウイルス対策には「手洗い」が必須

手洗いというと、数秒間、水でぬらして終わりという人も多いかもしれません。
しかし、手洗いはインフルエンザやコロナウイルスによる肺炎、ウイルス性の伝染病疾患を予防するために大事な手段です。

石けんを使い、もみ洗いを10秒した後、流水で15秒間すすぐと、ウイルスはわずか0.01%程度に減少する結果も出ています。

正しい手洗いを行って感染を防ぎましょう。

○正しい手の洗い方

正しい手洗いの手順は次の通りとなります。

①指輪や時計などははずし、流水で手を洗う
②石けん液を適量取り、よく泡立てる
③手のひら、手の甲をこすり、指の間は両手を組むようにしてこすり合せて洗う
④指先、爪の間は手のひらの上で指先をこするようにして洗う
⑤親指と手のひらをねじる様に洗う
⑥両手首まで丁寧にもみ洗う
⑦流水で十分に流し、清潔なタオルで水分を良く拭き取り乾かす

いかがでしたでしょうか?
手洗いうがいはもちろんのこと、バランスの良い食事や十分な睡眠を心がけましょう!

【今週のおすすめ商品】

★FCCピュアマイルド コンパクトサイズ★

ウイルスの予防には、しっかり手を洗うことが大切です!

FCCピュアマイルドは、松の油など自然の植物から出来ているため手荒れなどで
お困りの方も安心してお使い頂けます。

ぜひお試しください!

「紙魚」を知っていますか?

2020-02-05 [ 豆知識 ]

■紙魚ってどんな虫

「紙魚」と書いて、「シミ」と読みます。
紙魚は銀色のうろこ状の皮膚と、体をくねらせて動くことから「魚」の字があてられており、幼虫、成虫ともに古書等の糊付けされた部分を好んで食べることから「紙」の字もついて
います。

ゴキブリよりもさらに前に存在していたとされる紙魚は、現在の物と形態はほとんど変化
しておらず、俳句の季語や源氏物語にも登場します。

見た目が気持ち悪い以外は、人畜無害なのが特徴です。
また夜行性で、暗い所に向かう「負の走光性」という性質があるため、暗くなってから活動
を始めます。

紙魚は古い本などのエサがなくても湿度が高く、あたたかい環境であれば1年以上生息
することが可能で、虫の中でも寿命が長く7~8年生きることが可能です。


■紙魚の予防対策

1.こまめに掃除をして紙類はすぐ処分する

掃除は紙魚に限らず、どんな虫にも有効な手段の一つになります。
餌や隠れる場所を減らすことで、虫が棲みつきにくい環境を作りましょう。
ダンボールや紙袋もすぐ捨てる事をおすすめします。

2.部屋の湿度を下げる

紙魚は、水を飲まずにお尻から空気中の水分を取り込むことで生きています。
乾燥に弱い紙魚は、湿度が43%を下回ると吸収する水分よりも、出ていく水分が多くなる
とされ、活動が鈍くなります。

しかし、湿度が40%を下回ると人間の方も体調を崩しやすくなるため注意して下さい。

3.ラベンダーのアロマを使う

紙魚はハーブの匂いが苦手で、特に「ラベンダー」の匂いが苦手で寄り付きません。
大切な本や衣類のそばに、ラベンダーのアロマオイルを染みこませた紙を置いておくと
紙魚が寄り付かなくなります。

また、しおりにラベンダーオイルを垂らして使うことで、自然と本を紙魚から予防する
ことができます。

いかがでしたでしょうか?
大切な本や衣類が被害にあってしまう前に、対策を行いましょう。

【今週のおすすめ商品】

★FCC Fine Water 1本入り★

FCC Fine Waterは、これ1つで洗浄・除菌・消臭・防錆の4つの効果を発揮します。
界面活性剤や化学薬品を一切使用せず、100%水のアルカリ電解水で出来ていますので、
お子様やペットがいるご家庭でも安心してお使い頂けます。

用途によって薄めてご使用頂くため、コスト面でもとてもお得です!
ぜひお試しください!

ローチスポットを目印にしよう!

2020-01-22 [ 豆知識 ]

冬のゴキブリは、春や夏に比べて遭遇する回数が減っていますが、
基本的に冬場のゴキブリは暖かい場所に巣を作り、隠れてじっとしているため
ほとんど出てこないそうです。

ゴキブリの動きが鈍くなっている今の時期は、ゴキブリを駆除するのに最適な季節と
なります。

見えない場所に潜んでいるゴキブリを見つけるために「ローチスポット」がないか
探してみましょう。


■ローチスポットとは

ローチスポットとは、ゴキブリが集まる場所に付着する糞や体液の汚れの跡の事を
指します。
「ローチ」とは「ゴキブリ」という意味です。

また、この糞の特徴として仲間を呼び寄せるフェロモンが含まれています。
このフェロモンは、糞をして一年経ってもにおいが消えることはなく他のゴキブリを
引き寄せます。

黒色や茶色の小さいものが点々と付着していたら「ゴキブリの糞」の可能性が高いです。


■ローチスポットを見つけたら

ローチスポットを見つけたら、そのままにしておくとゴキブリが大量に繁殖してしまう
可能性が高いため、早めに取り除きましょう。

しかし、ゴキブリの糞を取り除く際に注意してほしいのが「素手で触らない」ことです。
ゴキブリの糞は、雑菌が多く、病原菌(サルモネラ菌)などが付着しているため、手袋をしてから作業を行いましょう。

また、ゴキブリの糞を取り除いた後は手を消毒をして雑菌や病原体の感染を防ぎましょう。

いかがでしたでしょうか?
室内を綺麗にしているのにゴキブリがいなくならない...という方は、ローチスポットが
ないか確認してみましょう!

【今週のおすすめ商品】

★FCCオイルクリーン★

ベタベタで擦っても中々落ちない油汚れでお困りではありませんか?
FCCオイルクリーンは油汚れに特化しており、しつこい油汚れをしっかり落とします。

ゴキブリの好物でもある油汚れを除去して、衛生的な環境を目指しましょう!


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PageTop

カテゴリMENU

カートを見る

ご利用案内

6,000円以上で送料無料

※FCC®オリジナルエコ商品
  ご購入の場合

<ご利用可能な決済方法>
代金引換(現金のみ)・振込み

店長プロフィール

定休日



※赤い日付は定休日になります。(土・日・祝・他)
定休日の商品発送・メール連絡は、お休みさせていただいており、翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。

会社概要

株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

営業時間:9時-18時


SHOPブログ新着記事

SHOPブログカテゴリ




ショップインフォメーション

衛生用品業務用のHOME  - おすすめ商品  - ショップ紹介  - 支払方法・送料  - お買い物の流れ  - よくある質問


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。