エコ洗剤 業務用 洗剤の販売ならFCC衛生用品.com


HOME > 店長ブログ

店長ブログ

車内の清掃方法

2017-09-20 [ 豆知識 ]

9/20の今日は「バスの日」なのだそうです。
1903年のこの日、日本初の営業バスが京都で走り、日本バス協会が1987年に制定したそうです。

そこで今週は「車内の清掃方法」についてご紹介致します♪
暑さの落ち着いた今、車内の掃除をするにはベストな時期です!

~用意するもの~
・掃除機
・タオル
・バケツ
・ブラシ
・洗剤
・シートクリーナー

■フロアマット
①掃除機をかける
②洗剤をつけてゴシゴシとブラシで洗う
③しっかり水で洗い流す
④よく乾かす←大切です!お天気の良い日にしっかり乾燥させましょう。

■フロア
①フロアマットを剥がした状態にする
②掃除機の目詰まりを防ぐために、石などの大きなゴミは手で取り除く
③掃除機を徹底的にかける
エアブローをお持ちの方は併用することで、手の届かない箇所までキレイになります。

■ダッシュボードなど
硬く絞ったタオルで水拭きをする。

■エアコン部分など
タオルが入らない部分は小さなハケや綿棒できれいにする。

■シートやフロアのシミ
ホームセンターなどで売っているシートクリーナーをシミにシュッと吹きかけ、タオルでポンポンと叩いたり、こすったりしてシミを落とします。

ヤニで汚れた天井や窓ガラスも同様な方法で落とすことが出来ます。
ただし、天井を作業する際はクリーナーが目や口に入らないようにご注意ください。

―いかがでしたでしょうか。
掃除は上から下に作業をするのが基本ですので、お忘れなく!

フロアマットを乾かす関係でお天気の良い日に作業をすることをおすすめしますが、暑い日は絶対にNGです。車内の温度がとんでもなく上がる為です。
秋・冬は車内のお手入れのチャンスです!どうぞお試し下さい。

【今週のおすすめ商品】

★業務用 FCC®-eco(4リットル)★

今回ご紹介するのは車も洗える総合洗剤です!
天然素材を使用しており環境への影響も少なく、汚れだけではなくカビや臭いにも効果を発揮します。
お車の洗車、フロアマットの掃除に是非ご活用下さい!

詳しくは商品ページにてどうぞ!!

秋と基礎代謝

2017-09-13 [ 豆知識 ]

9月に入りまだ暑い日もありますが、少しづつ気候が穏やかになっていますね。
スポーツの秋ともいいますが、秋は運動を楽しむのに最適な時期です。

●秋は基礎代謝を高めやすい季節
夏は気候が暑いため、人の体から発散されるエネルギーは少ないのです。
一方で、冬は寒さで体温が下がらないように、人の体はエネルギーを多く放出して体温を保とうとします。
こうした働きを基礎代謝と呼びます。

夏の季節が過ぎると、秋から寒い冬に向けて代謝は高まっていきます。
基礎代謝が高いとエネルギーを多く必要とするので太りにくくなりますし、運動をすると更に基礎代謝を高めることが出来ます。
その結果、ダイエットの効果がでやすいともいわれています。

秋は運動するのに気候が良いだけではなく、基礎代謝を高めやすい時期でもあるので一石二鳥というわけですね。

●冬が来る前に運動を
冬は代謝が高まるため、それに備えて人の体は食欲が旺盛になりエネルギーを蓄積するようになります。
普段から運動を心掛けて基礎代謝を高めている人は、寒くなってもエネルギーを多く発散し体温を保つことが出来ます。食欲が旺盛になっていても、その分消費するエネルギーも多いので太ることがありません。
一方で基礎代謝の低い人は、寒くなった時にエネルギーを発散する量が少ないため、体温を保つことが比較的出来にくくなります。そのため身体は体脂肪を溜めて体温を保とうとするのです。

冬はやはり寒いので、なかなか運動をするのも億劫になりがち。冬が来る前に、運動を楽しみながら基礎代謝を高めたいものですね。

【今週のおすすめ商品】
ファインハンドクリーンです。
肌に優しい、植物素材配合の洗い流さないフォーム(泡)タイプの抗菌清浄液です。
泡状なので液だれすることがなく、爪の中までしっかり抗菌することができます。
衛生管理用品としてご用立てください。

秋のダニ対策

2017-09-06 [ 豆知識 ]

肌寒い日が続き、すっかり秋の訪れを感じてしまいますね。
本日はダニについてお話しします。

ダニの繁殖ピークは梅雨の時期で、夏をピークに下降していきます。
しかし、死骸やフンのピークは9~10月頃なのです。
そこで本日は「秋のダニ対策」についてご紹介致します!

■ダニの死骸やフンによる症状
まず始めに、ダニの死骸やフンが身の回りにたくさんあった場合の、症状について一部ご紹介致します。
症状は例として下記のようなものがあげられます。
・鼻の調子が悪い
・蕁麻疹がでる
・発疹でかゆみがひどい
・咳き込むことが多い

■ダニの死骸やフンが多くある場所
ダニは梅雨時に繁殖ピークを迎える事からも分かりますが、暖かくてジメジメした環境を好みます。また、人間の髪の毛などのエサがあるところも好みます。

そのため、寝具、カーペット、布のソファーなどに非常に多く死骸やフンがあると考えられます。

■ダニ対策
たった一つのポイントは「ダニの死骸やフンを除去すること」です。
具体的にどのように除去をすればいいのかをご紹介致します。

【寝具】
①毎日使う掛け布団は丸洗いをしましょう。ご自宅で丸洗いが難しい場合は専門業者に依頼をすると良いです。

②ベットや敷布団は天日干しをし、湿気をとばしましょう。(べットの場合はマットレスを立てて干します。)

③干した後は、掃除機などで死骸やフンを取り除くことが必要です。
縦方向にゆっくり掃除機をかけた後、横方向に掃除機をかけていきます。
(レイコップなどの専用クリーナーは効果的ですので、持っている方は積極的に使用しましょう!)

【カーペット】
洗うことが最も有効ですがなかなか洗えない為、ダニの温床となります。
意識をして掃除機をかける方も多いかと思いますが、四隅を見逃しがちです。
カーペットも四隅を意識しながら掃除機で十字がけをしましょう。

【布のソファー】
丸洗いは出来ない為、スチームクリーナーを持っている場合は熱も与えられ効果的なのでそちらで対応しましょう。
持っていない場合は、薄めた中性洗剤でソファーの表面を拭きます。
その後、固くしぼった雑巾で拭き直します。
窓を開けたり扇風機などをあてたりし、しっかり乾燥させましょう。

臭いが気になる場合は重層をソファーにふりかけて30分程待つと臭いがとれるそうです。お試し下さい!

―いかがでしたでしょうか。
実は、ダニは寒くなる秋から冬にかけても、注意をする必要があります。
なぜかと言うと、近年の日本の住宅は鉄筋コンクリートにより気密性が高くなっていて、暖房や加湿器を使っていて暖かい、また、寒いことを理由に換気をしてないとダニは発生してしまうためです。

秋のダニの対策は、「洗って干す」がとにかく大切なので、押し入れから毛布・布団を出す際には必ず一度洗うようにしましょう。除湿のためにこまめな換気も忘れずに!

【今週のおすすめ商品】

★業務用 FCC®-eco(4リットル)★

今回ご紹介するのは洗剤です!こちらの商品、洗濯で使用できるのはもちろん、
野菜から車まで様々な場面で使用出来るエコロジー洗浄剤です。
天然素材を使用しており環境への影響も少なく、汚れだけではなくカビや臭いにも効果を発揮します。

詳しくは商品ページにてどうぞ!!

洗濯の豆知識

2017-08-30 [ 豆知識 ]

8月ももうすぐ終わりですね。
まるで梅雨がぶり返したかのような雨天の日が続いたかと思えば、一転して猛暑日が続いておりますね。
この機会に洗濯物を一気に片付けてしまおうという方も少なくないのではないでしょうか。

●小分け洗いと、まとめ洗い方どちらがおトク?
洗濯物の汚れはしっかり落としたい・・・でも水道代は節約したい。同じ洗濯物の量ならどちらの洗い方がより節水だと思いますか?
実は洗濯物の増加量に反比例して、「適切な水量」の増加量は少なくなるのです。つまり、小分けで何度も洗濯機を回すよりも、まとめて洗った方がより少ない水量で洗濯できるというわけです。
水道代の節約を意識するのであれば、洗濯の回数を見直すことは有効かもしれませんね。

●洗濯物量が多すぎたり、洗濯機の水量が少なすぎると・・・
洗濯物の量に対して、少ない量の水で洗濯するとどのようになるのでしょうか。
「適切な水量」を下回った場合、一度落ちた汚れが再び繊維に付着してしまう『再汚染』が発生しやすくなってしまいます。
節水を意識するあまり、せっかく洗濯したのに汚れが落ちて綺麗にならなければ意味がありません。「適切な水量」を守ることで、より効果的で衛生的な洗濯が出来るのですね。

●洗剤の使用量
洗剤は一定の濃度まで達すると、それ以上の濃度にしても洗浄力はそれほどあがりません。逆に濯ぎに時間がかかり水の無駄使いとなってしまいます。
汚れが酷い場合はつけおきにしたりぬるま湯につける、汚れの気になる部分に洗剤を直付けするなどの方法が有効です。

【今週のおすすめ商品】
FCC®ピュアマイルド(洗濯用) です。
ただ汚れを落とすだけでなく、人にも自然にもやさしい洗濯洗剤です。市販の洗濯用洗剤や柔軟剤などで洗濯した衣類やタオルを使用して、肌が荒れてしまったりお悩みの方にも是非オススメします。

蚊対策!

2017-08-23 [ 豆知識 ]

まだまだ蚊が元気に飛び回っている時期です。
そこで今週は蚊に刺されやすい人の特徴と、自宅での蚊対策についてご紹介致します!

■蚊に刺されやすい人の特徴
①体温が高い人
テレビに蚊がひっついていた。なんて経験、ありませんか?
実は、蚊は温かいところが大好きで引き寄せられてしまうそうです。
体温が高い人はもちろん、赤ちゃんやお子さんは体温が高いのでご注意ください。

②妊娠している人
妊婦さんも同様に体温が高いとされています。
また、妊婦さんは呼吸の回数が多いそうです。

蚊は二酸化炭素に反応するので、息を吐く回数が多いと刺されやすくなってしまいまうそうです。妊婦さんはご注意ください。

③飲酒・運動・入浴をした人
飲酒をしたら、人は体温が高くなります。
また、呼吸に二酸化炭素が多く含まれてしまうのだそうです。
(運動と入浴も同様に体温が上がるため刺されやすくなります。)

④暗めの服を着る人
黒い服を着ていたら、蚊がすごく寄ってきた・・・
そんな経験をした方はたくさんいらっしゃるかと思います。
もしかしたら、温かいところに寄ってくる習性のある蚊は、
熱を集めやすい黒色が好きなのかもしれないですね!(あくまで個人的な意見です!)

■蚊、対策!
1.まずは発生源をおさえる!
蚊は鉢植えの受け皿などに水が貯まっている場合、卵を産み付けやすいです。
水が貯まっていたら捨てるように心がけましょう。

2.蚊取り線香やノーマットを使う
王道ですが、有効です。蚊取り線香はワンちゃんやネコちゃんのいるご家庭はもちろん、
赤ちゃんや妊婦さんがいるご家庭でも安心して使える殺虫成分を使っているのでおすすめです。

③扇風機を使う
意外にも、蚊は飛ぶ力がそれほど強くないんだそう。
扇風機の風の勢いに負けるなんて、意外ですね。
寝るときは風に当たり過ぎて冷えないようにご注意ください。

④足の常在菌をふきとる
こちらは某番組で紹介されていた方法です。
ネットで調べたら詳しく載っているのですが、
アルコールが含まれたティッシュなどで足裏・足首を拭き取ると
蚊に刺されにくいのだそうです。お手軽で意外な方法ですね。

―いかがでしたでしょうか。
少しでも蚊の特性や、蚊の対策を知って少しでも夏を快適に過ごしたいものです。


【今週のおすすめ商品】

★飛来昆虫捕獲器 FCC®ムシポン ポケット2★

コバエなどの飛来昆虫にお困りではないですか?
こちらの商品、インテリアタイプの飛来昆虫捕獲器ですので、
お客様の目に触れる客席や店内などでご利用頂けます。
法的規制を受けない仕様となっておりますので、様々な場所に設置可能です。
詳しくは商品ページでどうぞ!!


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PageTop

カテゴリMENU

カートを見る

ご利用案内

4,500円以上で送料無料

ご利用可能な決済方法
お支払い方法

店長プロフィール

定休日



※赤い日付は定休日になります。(土・日・祝・他)
定休日の商品発送・メール連絡は、お休みさせていただいており、翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。

会社概要

株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

営業時間:9時-18時


SHOPブログ新着記事

SHOPブログカテゴリ




ショップインフォメーション

衛生用品業務用のHOME  - おすすめ商品  - ショップ紹介  - 支払方法・送料  - お買い物の流れ  - よくある質問


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。